やがて自分にむけられる

周りと比べて頑張るけど、苦しい。

本来のこころのありかたとは、正反対なので当然、結果はでません。

そうなると今度は自分を責めます。

「こんな事もできないなんて自分はだめだ。」

「自分はだめな人間だ」

これは「自己否定」とよばれる観念です。

私も以前はこれでいっぱいでした。

いつもいつもダメな自分が大嫌いでした。

始終表情もムスっとしていて、楽しくありませんでした。

その頃は何かをはじめようとしても「自分はだめな人間だ」という観念で

うめつくされているので「どうせ、私なんかうまくいくはずがない」

「私には無理」と思いこんで、行動もできません。チャレンジ精神も湧き上がりません。

行動にでたとしても、すぐにあきらめてしまいます。

自分はだめ人間だと思っているからです。

自分はだめな人間だと思っていると、「自分はだめな人間」という情報しか

その人は受け取れなくなります。

これは脳機能にもとづいたちゃんとした法則ですので、

注意しないととても恐ろしい未来しかこなくなります。

自分はだめだという事しか起こらなくなります。

そういった情報しかひきよせないからです。

心理用語で「スコトーマ」と言います。盲点という意味です。

「スコトーマがかかる」本当のなりたい自分の情報がきているのに、受け取れない状態です。

本当にキャッチしないといけない情報が見えないのです。盲目状態なんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です