自分の固定観念とは?

では自分の固定観念ってなんだろう?って思う人も多いと思います。

本当は常日ごろ頭の中を埋め尽くしている事がすでに固定観念なんですが、

どうでしょうか?

たとえば、人間関係なら苦手な人がいますか?

ならどういったところが苦手でしょうか?

例として「あの人は思いやりがない」ならどういうところが思いやりがないのでしょう?

そうやってつきつめて考えていくと一つの事が見えてきます。

例えば、夫が思いやりがない。私が疲れているのにちっとも優しくしてくれない。

子供の面倒をみてくれない。

それって「夫は妻が疲れている時はやさしく気遣って子供の面倒を見るべきだ」

という観念があるからです。

あなたはそれに反発しますか?

「だって夫はそうあるべきよ」と思いますか?

これは観念なんです。

世界中の妻たちが、夫というものは優しく気遣って子供の面倒を見るべきだと

思っているでしょうか?違いますよね。みんなそうは思っていないと思います。

これはまた別の話になりますが、あいての気になるところは実は自分のなかにあるんです。

「他人は合わせ鏡」といいますね。まさにこれがそうなんです。

では「そうすべき」事は逆にあなたはされていますか?と問いたいです。

夫が疲れているとき、あなたはやさしくしていますか?

何か夫が望む事をしていますか?たいていは「NO」だと思います。

あなたの中に「おもいやりがない」から他人の事も気になるのです。

この法則は人間関係では絶対です。

嫌いな人は実はあなたのことです。

嫌いな事はあなたの中にあります。

嫌いな人はあなたに教えてくれているのです。

そのことに気づいて相手や自分を理解できて

自分にも相手にも「そうだったんだね」と思えるようになれれば、

相手の事も気にならなくなるし、むしろ理解者になって良い関係ができてしまいます。

または相手とのご縁も切れます。試してみてください。

あなたのまわりから苦手な人がいなくなります。

また~すべきも観念です。~すべきでなくてもいいんです。

それに気づくだけでも楽になりますし、そんなことで毎日、イライラしていたのかと思います。

そうなれば世界が変わっていき、自分も変わり、周りも変わっていきます。

やってみて損はないですよ。

騙されたと思ってやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です